体調不良小説 好きな人に癒されたい!

体調不良のときに癒してくれる彼氏を妄想。

小説 チョコレート⑧

佐々木健太

 

紅茶を淹れてマグカップを渡すと、橘さんは少し落ち着いた様子で

笑みを見せてくれた。

 

「なに?大丈夫なの?少しは楽になった?」

なんだかホッとして、僕も笑ってしまう。

「うん、ありがとう。」

橘さんはうなずいたけど、そのままお腹を抱えてしまった橘さんはやはり辛そう。

ダイニングテーブルに向き合って座っていたけど、椅子ごと移動して橘さんの横に座る。そしてまた腰をさすってみる。これでいいのかよく分からないのだが。

 

少し紅茶に口をつけた橘さんだけれど、すぐにマグカップをテーブルに置き、

眉間にしわを寄せている。じっと黙って耐えている感じだが、

なんだか先ほどよりも顔色が悪くなってきた気がする。

体もなんだか揺れているようだ。

ベットに移動させた方がいいかなと思ったところで、

橘さんが吐きそうなしぐさを見せた。

 

声も出さずに吐き気に耐えている様子の橘さんはかなり辛そうで

少しパニックになっているようにも見える。

「ト、トイレに。。」

焦ったようにつぶやく橘さんだが、うまく立ち上がれないようだ。

貧血なのだろうか、顔色も悪いし、トイレに行くまでもかなりの体重を僕に預けていた。僕はトイレの中までついていって背中をさすってあげたかったのだが、

そこは橘さんは嫌だったのか、トイレの外に押し戻されてしまった。

「向こうで座ってて。。」

聞いたこともない苦しそうな声で言われて、しぶしぶダイニングへ僕はもどる。

 

トイレで橘さんは吐いてしまっただろうか。

心配でいてもたってもいられないのだが、吐いているところを見られたくない

気持ちも少し分かるので、しばらく待つことにした。

少しの時間が永遠のように長く感じられ、心配で心配で

もういいだろうと、まだ出てこない橘さんの様子を見に行く。

 

小さくノックをして声をかけると、

橘さんがゆっくりと動く音が聞こえ、しばらくするとトイレを流す音が聞こえてきた。

そしてうつむいたままの橘さんがゆっくりと出てきた。

 

顔を見ようと覗き込むと、橘さんがふらついて、僕の胸にぶつかってきた。

慌てて抱きとめた僕だったが、うまく捕まえられず、ズルズルと橘さんはしゃがみこんでしまう。

 

「橘さん!?」

声をかけると、橘さんは色の無い顔で少し照れたように微笑んで

「大丈夫大丈夫。」とつぶやく。

まったく大丈夫には見えないのだが、意識はあるし反応もしてくれることに少し安心する。

「吐いちゃった?」と聞くと、橘さんはゆるゆると首を振り、

「今朝ちょっと吐いたから。もう吐くものないかな。低血圧だと思う。

ちょっとやっぱり横になってもいい?ベットまでお願いできる?」

 

顔色が悪いし呼吸も乱れてはいるが、しっかりとした口調で話す橘さん。

本当はすごく辛いのに、うまく対処できない自分に合わせてくれて

指示してくれているのが申し訳なく情けない。

 

「うんうん、少し寝たほうがいいよ。ベットまでいこう。。」

橘さんの肩を抱きゆっくりと立ち上がらせてから、ベットまで支えていく。

 

「うぅ。。」

ベットに横たわると、橘さんは苦しそうな声を出して枕に顔をうずめ

しばらくじっとした後、枕から顔をあげ、

「佐々木さんありがとう、10分だけ寝ていい?」

と聞いてきたので、僕は もちろん と答え、

側にいるべきか悩んだが、それでは橘さんが落ち着かないと思って、

「ダイニングのほうにいるね。苦しかったら呼んでね。」

といって側を離れた。

 

 

小説 チョコレート⑦

橘 貴子

 

佐々木さんがお茶を入れてくれている。

ダイニングで椅子に座らせてくれたのでおとなしく待っていることにした。

いったん腹痛は落ち着いたが、貧血気味で体が重い。

うまく話せないし、うまく笑えなくて、せっかく来てくれた佐々木さんに本当に申し訳がない。

 

「はい、どうぞ。」

佐々木さんが紅茶の入ったマグカップを渡してくれた。

「ありがとう。」

受け取ったマグカップが温かくて、心まで温かくなっていく。

茶の湯気越しに心配そうな佐々木さんの顔が見えて、

なんだか幸せな気持ちになって、ふっと笑ってしまった。

 

「なに?大丈夫なの?少しは楽になった?」

あ、佐々木さんも笑顔になってくれた。

「うん、ありがとう。」

うなずいたのはいいのだけど、やっぱりお腹が痛くて、情けない気持ちになる。

 

再び背を丸めて黙ってしまった私の隣に来て、また腰をさすってくれる。

少し紅茶を飲むと、今度は吐き気がしてきて焦る。

どうしよう、えづいてしまいそうだ。

吐きそうなところなんて、見られてしまったら絶対引かれる。

我慢我慢と思って何とか耐えるものの、血圧が下がってきたのか

視界がチカチカしてきて、吐き気が一段と高まる。お腹も痛い。

どうしようどうしよう。我慢できない、どうしよう。

思わず背中が波打ち、あわてて手で口を押さえる。

「ト、トイレに。。」

慌ててトイレに行こうとするも、低血圧のせいでうまく立ち上がれない。

佐々木さんに支えてもらい何とかトイレに行く。

ダメだ、吐いてるところだけは絶対に見られたくない。

必死で佐々木さんをトイレの外に押し戻し、

「向こうで座ってて。。」なんとか声を絞り出した。

 

トイレのドアを閉めるとすぐにしゃがみ込み、思いっきりえずく。

吐くものがないのか、実際には吐いていないのだがひたすらに気分が悪い。

えずいていると呼吸も落ち着かなくて苦しい。

しばらく大きく深呼吸し続けて、なんとか呼吸を整える。

吐き気は治らないが、ピンチは脱した感じだ。

なんだか酷く疲れてトイレの壁に体重を預けてぐったりしてしまった。

しばらくそのままでボーっとしていると、控えめなノックが聞こえて現実に引き戻される。

 

「橘さん?大丈夫?」

 

 

 

 

小説 チョコレート⑥

佐々木健太

 

付き合っている彼女である橘さんが先週から一人暮らしを始めた。

お互い実家暮らしだったので、新しい楽しみができて

なんだかワクワクしている。

 

今日は橘さんの家で、家具を組み立てるのを手伝うことになっている。

橘さんに会うのは一週間ぶりだ。

橘さんは転職もして引越しもして大変な一週間だっただろう。

 

橘さんの家に着くと、いつもの笑顔で迎え入れてくれた。

ああ、この顔が好きだ。とても落ち着く。

将来、毎日この顔に迎え入れてほしいと妄想してしまう。

 

部屋に入ると、思わず橘さんを抱きしめてしまった。

華奢な彼女を抱きしめると、愛おしい気持ちがこみ上げてきて

なんとも幸せな気持ちになる。

 

そんな気持ちもつかの間、橘さんの様子がおかしい。

お腹を曲げて息が乱れて苦しそうだ。

「ど、どうしたの?」動揺して少し声が上ずってしまう。

橘さんはただ苦しそうで、こちらに体重をかけてきた。

体調が悪かったのだろう、会ってすぐに気づくことのできなかった自分に腹が立つ。

少しの間、そのままの体制でいた橘さんだが、

「ごめんなさい、ちょっとお腹痛くて」と小さな声で教えてくれた。

 

そういえば橘さんはちょうど1ヶ月くらい前に生理だと言っていたのを思い出し、

そういうことだと理解する。

 

「大丈夫?ちょっと横になる?」

辛そうな彼女に何もしてあげられない自分に歯がゆさを感じつつ、

できるだけのことはしてあげたいと思う。

 

「ううん、平気。いまちょっと波が来ちゃっただけ。」

橘さんは笑顔を見せてくれたが、顔色が悪く汗も浮かんでいるようだった。

とても平気とは思えない。

とりあえずベットに座らせてみるも、橘さんはお腹を抱えてかなり辛そうだ。

顔色も真っ青で息も乱れている。

男には分からない痛みと戦っている橘さんにひどく申し訳なさを感じる。

 

そんなときでも無理をして僕をもてなそうとしてくれる橘さんの健気さに

僕はときめいてしまっている。

橘さんがこんなに辛そうなのにときめいてしまってなんだか申し訳ないけれど。

 

しばらく腰をさすっていると、橘さんの呼吸がだいぶ落ち着き、

表情も少し和らいだようだ。

顔をあげてお礼を言ってくれた。

ああ、ぼくは橘さんが好きすぎる。

 

「少し落ち着いた?お茶は僕が入れるね。」

橘さんの顔を見ていると、好きという感情があふれ出てしまいそうで

思わず立ち上がり、キッチンへ向かう。

 

すると橘さんもゆっくりと立ち上がりついてきた。

「今日は私がおもてなししなきゃいけない日なの。」

といって僕がお茶を入れるのを止めてくる。

 

「そんな日はないよ。橘さんの体調が心配だよ。」

僕がそういうと、橘さんは嬉しそうに笑ってくれた。

 

 

小説 チョコレート⑤

橘 貴子

 

一人暮らしを始めて一週間。待ちに待った週末。

職場も変わってクタクタな私にさらに生理という苦難が訪れた。

今日は佐々木さんが部屋に遊びに来てくれる予定だ。

 

組み立て式のダイニングセットをネットで購入したので、

その組み立てを手伝ってもらう予定で、

お礼に手料理を振舞おうと意気込んでいたのだが、

朝起きた瞬間に、腹痛とわずかな吐き気で絶望した。

 

生理痛は毎月酷いわけではないが、家と仕事が両方変わり、

環境の変化が体にストレスをかけたのか、どうやら今月は酷いようだ。

 

顔色の悪い自分は見られたくないのだが、それでも佐々木さんに会いたくて

体調のことは言わず、このまま佐々木さんが来るのを待つことにした。

もし佐々木さんに体調が悪いと連絡したら、

じゃあまた今度と言われてしまうのが怖いのだ。

 

ギリギリまでベットの中で過ごし、とりあえず腹痛に耐える。

佐々木さんに会うのだから、綺麗にしなきゃと分かっているのだが、

なかなかベットから出られない。

 

必死で腹痛に耐えるも、今度は吐き気に耐えられなくなり

あわててトイレに駆け込む。

少しだけ吐き、腹痛は治らないが、そのまま気合で身支度をした。

 

なんとか着替えてメイクを施したところで、佐々木さんがやってきた。

 

「いらっしゃい」体調がバレないように笑顔で迎え入れる。

「おじゃまします」と佐々木さんも嬉しそうにやってきた。

 

部屋に入ってすぐ、ハグしてくれる佐々木さん。

あたたかくて安心して心地よかった。

しかし容赦なく腹痛がやってきて、体制が保てない。

佐々木さんの胸に頭を押し付け、お腹をくの字に曲げてしまった。

 

「ど、どうしたの?」焦る佐々木さん。

私は一瞬声が出せなくて、佐々木さんに体重を預けたまましばらく黙ってしまった。

下腹がどうしようもなく痛み、泣きたくなる。

 

すこし経ってようやく

「ごめんなさい、ちょっとお腹痛くて」と小声でささやく。

このまま黙って過ごすのはもはや無理だった。

 

前回の生理の時期を知っていた佐々木さんは、

その一言で生理だと理解してくれた。

「大丈夫?ちょっと横になる?」

 

「ううん、平気。いまちょっと波が来ちゃっただけ。」

恐らく酷い顔色だと思うが、無理やり笑ってみた。

「ほんとに?無理してない?」

肩を抱いてくれてベットに座らせてくれる佐々木さん。

優しさが嬉しいのに、腹痛が喜ぶ余裕を与えてくれない。

 

座ったはいいが、まっすぐな姿勢が保てなくて

お腹を抱えて背を丸めてしまう。

ああ、こんな醜い姿、佐々木さんに見せたくないのに。

 

「来てくれたのにいきなりこんな状態でごめんね、お茶入れるね。」

とりあえず佐々木さんにお茶でも出さなきゃと思い、

力を振り絞って立ち上がろうとするが、腹痛がそれを許してくれない。

「うぅ。。」情けない声が出ただけで全く動けない。

どうしようと焦っているとさらに酷い腹痛の波が来る。

 

「だいぶ無理してるね」佐々木さんが隣に座って腰をさすってくれる。

温かくて気持ち良い。

そうしてしばらくさすってもらっているうちに落ち着いてきた。

「もう大丈夫。ありがとう」

顔を上げてお礼をいうと、

今日はじめて佐々木さんの顔をちゃんと見れて、幸せを感じた。

 

 

 

小説 チョコレート④

橘 貴子

 

来週から実家を出て一人暮らしをすることになった。

佐々木さんとの付き合いは半年を越えてだいぶ落ち着いてきたように思う。

今は浮気の心配もなく、ただ二人でどこかへ出かけることが楽しい。

 

ただ、私は27歳。

そろそろ結婚したい年頃なのだが、

同い年の佐々木さんはそんなに意識はしていないように思う。

やはり結婚を意識させるためには家事ができることを見せなければと考えて、

一人暮らしを決心した。

今まで27年間実家で暮らし、家事もまともにやってこなかった私にとっては

一大決心である。

お金はかかるが、佐々木さんとの結婚のためには必要な出費だと考えている。

 

一人暮らしをするにあたり、やはりお金が必要となるため転職もした。

そのため佐々木さんとの職場恋愛は終了した。

特にバレることも無く、無事に終えることができてほっとしている。

 

 

こう書いていると随分と打算的な女となってしまったが、

佐々木さんが好きという気持ちは意外にもきちんと持っている。

 

付き合って半年経ったが、変わらずに温かい人だ。

いつも私の体調を気遣ってくれるし、デートの準備もきちんとしてくれる。

どうして佐々木さんがこんな私を好きでいてくれるのかは謎だが、

この人を逃したら私は一生結婚できないのではないかと思っている。

 

一人暮らしをして、そこに佐々木さんが遊びに来て、

徐々に半同棲のような形に持ち込みたいと私は思っている。

そのために、一人暮らしには少し広い1DK の部屋を選んだのだ。

 

 

小説 チョコレート③

橘貴子

 
 
島木さんと山本さん、そして私の恋人である佐々木健太さん。
3人と私で夕食会。
私と佐々木さんが付き合っていることは、島木さんと山本さんはもちろん知らない。
 
特に恋愛の話をする人たちでは無いので、大丈夫だと勝手に安心していたのだが、
ついに佐々木さんの彼女の話になってしまった。
 
「佐々木さん、彼女ができたって聞きましたよ」
始まりは山本さんのこの一言から始まった。
この山本さんが言っている彼女とは佐々木さんが以前に付き合っていた彼女のことで、
看護師の人だと聞いている。
 
すでに佐々木さんとその看護師の方は別れた(と聞いている)のだが、
周囲にはまだそこまで伝わっていなかったようだ。
 
「いやいや、いないですよ」と佐々木さんはうやむやに答えていたのだが、
島木さんが追い打ちをかけるように
「佐々木さんは愛人がたくさんいるんですよ」という。
 
「僕、聞いてますよ。
佐々木さんはいろんな女の人と歩いているところを目撃されてます。」
 
え。そうなんだ。なんだか少しショック。
あれ?ひょっとして私も愛人なのかな。
ふっと心に影が差す。
 
「何人の看護師と付き合ってるんですか」
島木さんの声がなんだか遠く聞こえるようだ。
 
「愛人とかいないですよ。ゼロ人です。」
佐々木さんは笑いながら否定していたれど、なんだか私の心は晴れない。
 
私が仕入れた情報では看護師の人と以前付き合っていたが
金銭感覚の違いから関係は終わっているはずだ。
この情報は信じられるところから入手している。
 
でも愛人については、、、聞いていなかった。
佐々木さんはそんなことしない人だと信じているし、
もちろん島木さんの冗談なのだが、
それでもなんだか傷ついてしまった。
 
こんなことで、こんなに簡単に傷ついてしまうなんて。
自分の心の弱さに落ち込む。
 
その場は笑っていられた気がするけど、
大丈夫だったか自信がない。
とりあえず手は震えてしまっていたと思う。

小説 チョコレート②

橘貴子27歳

契約社員

 

先日、彼氏ができた。

佐々木健太、26歳。誕生日が私のほうが先だけれど、学年は同じの彼。

職場で出会って、同僚の薦めもあって、彼と付き合い始めた。

 

背が高くて、体格はがっしりしていて、丸顔で、いつも笑っている。

穏やかな印象を受ける人だ。

 

実は付き合う前から佐々木さんのことが気になっていた。

 

些細なことだが、こんなことがあった。

彼はダイエットをしてだいぶ痩せたのだが、少し前までは太っていた。

そんな佐々木さんが、職場の椅子から立ち上がろうとしたとき、転んだのだ。

ドシンという大きな音が職場中に広まって、皆が一瞬顔を上げた。

私はその瞬間を隣で見ていた。

彼が照れた顔で立ち上がったそのとき、なんともいえない暖かい気持ちになったのだ。

 

よく分からないが、佐々木さんの照れた顔がとても愛おしく感じた。

周りが皆、笑顔になった。その一瞬で、周りの空気が暖かく、楽しくなった。

そのとき、私はなんだか良い人だなとぼんやり思ったのだ。

 

職場で、しかも同じチームに所属している以上、

絶対に知られてはならない関係である。

 

そんなに接触することは無い私たちだが、すれ違うことは度々あるわけで、

なんだか少し緊張してしまう。

 

付き合い始めて、まもなく1ヶ月というところだが、

少し危険な出来事が、明日あって、今私はそれがとても心配だ。

 

私の先輩であり、同じ仕事をする山本綾香さんが契約社員から正社員となることが決まった。

それのお祝いをするのだが、なんとメンバーは4人でうち2人は私と佐々木さんである。

 

佐々木さんの同期であり、私も一緒に働いた経験のある、島木さん、29歳。

職場の情報通で、コミュニケーション能力に長けており、話がとても楽しい人だ。

ただ、島木さんは話を面白くしすぎるところがあり、話は半分くらいで聞いたほうがよい。

 

その島木さんと、山本さん、そして佐々木さんと私。

この4人で飲み会をすることになっているのだ。

 

山本さんは既婚者で落ち着いた人なので、恋愛の話などはあまりしないのだが、

勘の鋭い人なので注意しなければならない。

島木さんは恋愛事情に興味はなさそうだが、彼に知られてしまったら、

職場中に知られてしまうことになるだろう。しかも、話は大きくなって。

 

やっかいなことにならなければよいのだが。